動画
動画配信サービスはサービス会社が多数あり、どれを選ぶのがいいのか迷ってしまいます。
人気でおすすめ動画配信サービスをご紹します。

映画にドラマ、アニメなど、これからはネットで見るのが主流です。
今までは単品で料金を支払って視聴するタイプの動画サイトが主流でしたが、最近は月額の固定の料金を支払うだけで何千、何万もの動画が見放題の定額制の動画配信サービスが人気になっています。
動画定額配信サービスは、見れば見るほどお得になる、以前よりもぐっと格安でたくさんのコンテンツを見ることができるサービスです。

動画配信サービスは数多くありますが、どのサービス会社が一番良いのか?
各サービス会社の特徴から、作品本数、月額料金、無料コンテンツ、お試しサービスなどを比較してお得なプランを探してみましょう。

最近は、NetflixやAmazonプライム・ビデオは地上波でもCMが流れています。
利用者の数も順調に伸ばしています。

『定額制動画配信サービス』とは?

最近話題になっている「サブスクリプション」という言葉をご存知でしょうか?
サブスクリプションとは定額制の意味です。
月額料金を支払えば使い放題のサービスをいいます。
NetflixやAmazonプライム・ビデオもまた、月額で動画が見放題になるのでサブスクリプションサービスと言えます。

メリット
動画配信サービスと言えば、YouTubeが有名で無料が当たり前のようになっています。
定額制動画配信サービスのメリットはどんなところでしょうか?

たとえYouTubeでも、公式がアップしている映画は課金が必要になります。
YouTube公式映画チャンネルは、レンタルだと300~400円かかります。

たとえば、『Amazonプライムサービス』だと月額料金が400円です。
つまり月に2~3本映画を見れば元が取れてしまいます。
頻繁に映画やドラマを見る人なら断然お得ということです。

動画再生の仕組み(ストリーミング、ダウンロード)
基本的には、どの動画配信サービスもネットワーク経由で動画を再生する「ストリーミング再生」を採用しています。
そして最近はWi-Fi環境で事前にダウンロードして、オフラインで視聴できるサービスも導入されています。4GやLTE回線でストリーミングすると通信量がかかりますが、ダウンロードしておけば通信制限の心配もいりませんね。

料金や支払い方法
動画配信サービスにかかる料金は、見放題の「定額料金」とPPVでの「課金」の2種類あります。「PPV」はペイ・パー・ビューの略です。
単体の有料コンテンツに支払って視聴することで、ビデオレンタルと同じようなことです。

料金の相場はサービス会社によって、「定額料金」では300~2000円とサービスによって幅広い料金プランがあります。
サービスの内容や作品のラインナップで大きく料金が変わってきます。
PPVでは、だいたい300~500円で単体レンタルできます。

支払い方法は、大半がクレジットカードの引き落としになります。
ただ、デビットカード・Vプリカ・携帯キャリア払いに対応しているサービス会社もあります。

動画配信サービスの選び方のポイント

まずは主な動画配信サービスの特徴を比較して、選ぶポイントをご紹介します。
タイトル数や、好みのジャンルなど気に入った動画を数多く配信しているサービスを選ぶといいでしょう。

動画配信サービスを最新作や旧作のタイトル数で比較すると、各社の得意とするジャンルがわかります。
まずはこのタイトル数を確認して、あなたが見たいジャンルが数多くあるのか確認しておきましょう。

もちろん総タイトル数が多くても見たい動画がなければダメですよね。
アニメ・韓流ドラマ・海外ドラマなどなど、それぞれ力を入れているジャンルは異なります。また他では見られないオリジナル作品を扱っているサービス会社もあります。
まずは好みのジャンルがどれだけ充実しているかに絞ってみてください。

あなたの視聴スタイルに合った料金方式を選ぶ

動画配信サービスは、月額を払えば全作品見放題となる「定額プラン」と、
作品ごとに料金が発生する「PPV」があります。
あなたにとってどちらがいいのか確認してみてください。

視聴頻度が高く、旧作で見たい動画があるなら「定額タイプ」がお得
定額タイプは月額利用料金を支払うことで全作品が見放題になるため、通勤通学中や時間のある時などに頻繁に動画を見るなら、レンタルするよりも断然お得です。

ただ最新作は基本的に見放題に含まれません。
見放題の定額プランは、どちらかというと旧作を中心になります。
そして見放題作品の数は動画配信サービス各社でそれぞれ異なります。
総作品数が多いからと言って必ずしも見たい動画があるとは限りませんので、お試しで確認するのが一番です。

最新作を楽しみたいなら「PPV」がおすすめ
基本的に最新作など決まった作品や、見たい動画しか見ないという方には、PPVがおすすめです。PPVでは、動画を全く見なければ利用料金が発生しません。
ただ視聴本数が多くなれば、それだけ料金はかかります。
その点だけ留意しましょう。

ですが最新作品は、いち早く配信されます。
レンタル店に行く手間や返却の手間もありません。
また貸出中で借りることができないこともありません。
新作中心に見る人は魅力的なサービスと言えます。

動画以外のサービスについて
利用料金はサービスによって異なり、数百円のところから数千円のところまであります。サービスによっては、動画視聴の他にも雑誌が読めたり、高画質で視聴できるなどコンテンツが充実しているサービスもあります。
料金とサービス内容のバランスから、あなたの価値観に見合ったものを選ぶといいですね。
選ぶ際は、利用料金だけでなく利用できるコンテンツもしっかりチェックしておくのがいいですね。

利用シーンに合わせて使いたい機能が含まれているものを選ぶ
得意としているジャンルやチャンネル数をチェックしたら、画質や便利な機能なども忘れずに確認しておきましょう。
家族それぞれで楽しむなら、複数端末で同時視聴ができると便利です。

動画配信サービスは、いずれもスマホやPC、テレビなど多様なデバイスで利用可能です。
基本的に同時に別の場所でサービスを利用することはできません。

しかし、家族で楽しむなど同時に視聴する可能性があるのなら、複数同時視聴や複数デバイス登録ができるサービスを選ぶのがベストです。

同時視聴ができるのは一部のサービスに限定されます。
また何台まで接続できるか、
接続するデバイス数によって料金の変動があるかなどもチェックしましょう。
画質にこだわる人は4K対応もチェックするといいでしょう。

一部の動画配信サービスでは、4K画質に対応しています。
家のテレビが4K対応モデルなら美しい画質で映画を楽しむこともできます。

動画のダウンロード
動画配信サービスは基本的にストリーミング再生となっています。
なので回線契約しているスマホやタブレットは注意が必要です。
普通の画質で映画を1時間視聴した場合の容量はおよそ0.6GBとなります。

ダウンロード視聴に対応している動画配信サービスなら、Wi-Fiでダウンロードしておけばいつでもどこでも再生できます。

TVで楽しみたいなら
TVで動画を観たい場合は、再生に必要な接続方法なども確認しておきましょう。
HDMI接続ができるTVなら、HDMI対応のPCと接続すればどのサービスでも利用可能です。
Google ChromecastなどのスマートTVデバイスを使うのなら、デバイスをTVに接続すれば簡単に視聴できますし、TV自体がAppleTVなどのスマートTVならどのサービスでも視聴できます。

対応してさえいれば、PS4やテレビ本体を通して視聴することも可能です。
中にはテレビで視聴するために専用の機器が必要なものもありますから、希望する視聴方法にどう対応できるのかもチェックしてください。

普段利用しているコンテンツとの連動性
楽天・Amazon・ドコモなど、普段利用しているコンテンツと連動している動画配信サービスなら、付随して無料で使えたりポイントが連携していたりすることもあるため大変お得です。
貯まったポイントで有料作品を視聴できるところもありますし、動画配信サービスの料金に応じてポイントが付与されることもありますから、利用頻度の高いコンテンツほど恩恵を受けやすいと言えます。
まずは無料お試し期間で使用感を確かめよう

動画配信サービスでは各サービス共に無料お試し期間が設けられているので、まずは無料で利用して使用感をチェックしてみるといいでしょう。

サービスごとにお試し期間は異なりますが、見たい番組や希望するジャンル、その他の便利な機能面などをチェックするには十分です。
会員にならなければ分からない機能なども見えてくるので、気になるサービスはぜひ、無料期間中にいろいろな使い方を試してみてくださいね。

動画配信サービスをタイプ別で比較!

自分に合ったサービスを見つけよう。

定額制動画配信サービスを比較!

「収録作品数」「月額料金」「無料お試し期間」「ダウンロード機能の有無」の4項目で表にまとめてみました。
※作品数は、見放題の対象になっている動画のみとしています。

動画配信サービスごとの特徴

Netflix
契約者数が1億人を超えた、世界最大級の動画配信サービス『Netflix』。
洋画や海外ドラマが充実していて、Netflixのオリジナルドラマも多いのが強みです。
又吉直樹氏の大ヒット小説『火花』のオリジナルドラマも配信しています。

また、2016年11月よりダウンロード機能を追加したので、オフラインでも視聴しやすくなったのは嬉しいポイント。
料金制度が少し変わっていて、画質の良さ(SD、HD、4K)の違いで料金プランが選べます。

・作品数: 非公開
・月額料金:
 ベーシックプラン 702円(SD)
 スタンダードプラン 1026円(HD)
 プレミアムプラン 1566円(UHD 4K)
 ※すべて税込
・無料お試し期間: 1ヵ月間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: なし

・こんな人におすすめ:
 「洋画を思いっきり堪能したい人」

Netflix

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム会員であれば、無料で利用できる動画配信サービス。
他のプライムサービスも利用できるのでお得感が一番強いですね。
月額だと400円ですが、年会費3900円をまとめて支払うと実質月325円になるのでお得です。
コンテンツは、『ドキュメンタル』や『戦闘車』など今までの地上波に無い大掛かりなバラエティ番組も配信しています。

Amazonプライム・ビデオの詳しい内容はこちら
Amazonプライム・ビデオ使い方完全ガイド【iPhone/Android/PC/テレビ対応】

・作品数:
 約67000本(全作品)
 約35000本(見放題)
・月額料金: 400円(税込)
 ※年会費3900円(税込)だと、月あたり実質325円でお得
・無料お試し期間: 30日間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「Amazonプライム会員に加入している人」

Amazonプライム・ビデオ

Hulu



アメリカ発の動画配信サービス『Hulu』。「24」や「ウォーキング・デッド」など人気のある海外ドラマが揃っています。
また、日本テレビがHuluの国内事業を買収しているので、テレビ番組の見逃し配信が多いのも特長の一つです!

・作品数: 4万本以上(見放題)
・月額料金: 1007円(税込)
・無料お試し期間: 14日間
・ダウンロード機能: ×
・PPV: なし

・こんな人におすすめ
 「アメリカで人気のある海外ドラマが観たい!」

Huluオススメ

dTV



NTTドコモが運営している動画配信サービス。といっても、ドコモユーザー限定のサービスというわけではなく、auやソフトバンクユーザーなどキャリア関係なく利用できます。

12万本以上とトップクラスの収録作品数ですが、料金は月額540円なのでコスパは最強です。
ですが、カラオケやMVなどのコンテンツも多いので、映画はそこまで多くありません。



国内ドラマやBeeTVのオリジナルコンテンツが揃っているので、そこはドラマ好きには嬉しいところですね。

・作品数: 12万本以上(見放題)
・月額料金: 540円(税込)
・無料お試し期間: 31日間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「動画配信サービス初心者で、とにかくコスパを重視!」

dTV

dアニメストア
こちらもdTVと同じく、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。
dTVにもアニメは収録しているのですが、こちらの方は新作アニメがすぐにラインナップにあがるので、アニメ好きには刺さるサービスとなっています。

・作品数: 約2300本(見放題)
・月額料金: 432円(税込)
・無料お試し期間: 31日間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「アニメ好きで新作をすぐにチェックしたい人」

dアニメストア 

U-NEXT

月額料金は2149円と高めに感じますが、動画以外にも70誌以上の雑誌が読み放題になったり、20万冊以上のコミック・書籍を収録していたりとコンテンツが多いので妥当な値段設定です。
毎月1200ポイント(1ポイント=1円)が配布されるので、それを使って新作映画やコミックを手に入れられるのは嬉しいですね!

ただし、雑誌やコミックを読むために、専用アプリ『BookPlace Reader』を別途用意しないといけないのが面倒……。

・作品数:
 12万本以上(全作品)
 5万本以上(見放題)    
・月額料金: 2149円(税込)
 ※動画見放題+雑誌読み放題+毎月1200ポイント配布
・無料お試し期間: 31日間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「動画だけでなく雑誌やコミックなど、幅広く楽しみたい」

U-NEXT

FODプレミアム



フジテレビが制作したドラマ・バラエティ番組・アニメ・映画などが、見放題になる動画配信サービスです。
放送後すぐに見逃し配信が提供されるので、話題のドラマをチェックしたい人には嬉しいポイント。

アプリ『FOD/フジテレビオンデマンド』自体は無料で利用でき、期間限定の見逃し配信であれば無料でも視聴できます。

・作品数: 2000本以上(見放題)
・月額料金: 959円(税込)
・無料お試し期間: 31日間
・ダウンロード機能: ×
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「フジテレビのドラマで視聴したいものがある人」

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

Abemaビデオ
AbemaTVが提供している定額サービスです。
見逃した番組でも、一定期間内であれば何度でもタイムシフト視聴ができるようになります。

ただし、無料でもタイムシフト視聴できる番組はたくさんあるので、正直プレミアムプランに加入するのは微妙なところ。
ですが、アニメやドラマは最新話だけ無料のものが多かったので、過去話を遡って見たい人には良いかもしれません。

Abemaビデオの詳しい内容はこちら
『Abemaビデオ』の機能・収録コンテンツは? プレミアムプラン加入すべきか

・作品数: 非公開
・月額料金: 960円(税込)
・無料お試し期間: 1ヵ月間
・ダウンロード機能: ×
・PPV: なし

・こんな人におすすめ
 「AbemaTVを利用していて、過去に放送されたドラマを見たい」

AbemaTV

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、「ネットで見放題」と「店舗で旧作借り放題」がセットになった、2017年10月から始まったサービスです。

「TSUTAYA TV」というアプリを使えば、映画やドラマが見放題。
さらに、実際の店舗で旧作を無期限で借りられるサービスも付いています。無期限なので延滞料金を心配する必要がありません!

もし、近くに対象のTSUTAYA店舗が無い人でも大丈夫。
「TSUTAYA TV」だけを単体で利用でき、PPVで利用できるポイントを毎月1080ポイント(1ポイント=1円)貰えます。

※TSUTAYAプレミアムは店舗申し込みが必要です(一部対象外店舗あり)

・作品数:
 約5万本(全作品)
 約4400本(見放題)
・月額料金:
 TSUTAYAプレミアム 1080円(税込)
 ※見放題+無期限レンタルサービス
 TSUTAYA TVのみ 1008円(税込)
 ※見放題+毎月1080ポイント配布
・無料お試し期間: 1ヵ月
 ※店舗によってお試し期間の有無がある
・ダウンロード機能: △
 ※Androidの一部機種のみ可能
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「普段からTSUTAYAを利用していて、延滞料金に不満がある人」

TSUTAYA TV

ビデオマーケット

全作品数が18万本と、今回紹介するサービスの中では最も多いです。
ただし、見放題の対象作品は2万5000本なので、見放題を期待している人にはちょっと期待外れ感が否めませんね。

毎月540ポイントを貰えるので、それで新作を購入できますが、1~2時間の映画で300~450ポイントかかるため多くは購入できません。
ただ、公開してから間もない新作映画のラインナップが豊富なので、映画ファンには嬉しい内容です。

・作品数:
 18万本以上(全作品)
 25000本以上(見放題)
・月額料金:
 プレミアムコース 540円(税込)
 ※単体レンタルのみ(毎月540ポイント配布)
 プレミアム&見放題コース 1059円(税込)
 ※単体レンタル+見放題
・無料お試し期間: 初月無料
・ダウンロード機能: ×
・PPV: あり
・こんな人におすすめ
 「新作映画のラインナップが豊富なサービスをさがしている」

今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

ビデオパス



auが提供している動画配信サービス。
見放題プランはauユーザー限定ですが、無料の動画だけであればau以外のキャリアからでも視聴できます。

見放題作品は「シャイニング」や「マッドマックス」など往年の名作が充実していました。
もちろんレンタルでは新作も扱っていて、毎月1本どれでも新作レンタルできるのは助かります!

また、見放題プランの会員になっておけば、映画館でのチケットが安くなる特典「auマンデイ」「auシネマ割」があるので、映画好きには嬉しいポイント。

・作品数: 非公開
・月額料金: 607円(税込)
 ※見放題+毎月1本新作レンタル
・無料お試し期間: 30日間
・ダウンロード機能: 〇
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「auユーザーで、旧作の映画を観るのが好きな人」

au公式/ビデオパス

Rakuten TV
楽天が提供しているサービスで、基本料金は無料ですが動画コンテンツごとに月額で支払う仕組みになっています。

映画やドラマなど、たくさんのコンテンツを楽しみたい人には「プレミアム見放題パック」がおすすめ。
月額2149円で、約4万本が見放題になります。

また、NBAの試合動画や乃木坂46のバラエティ動画など、見たいコンテンツが決まっている人は、個別のマンスリーパックがおすすめ。
作品本数は少ないですが、月額300円~1300円程度と割安になります。

・作品数: 4万本以上(見放題)
・月額料金: パックによって金額は異なる
・無料お試し期間: パックによって異なる
・ダウンロード機能: △
 ※ただし一部作品のみ
・PPV: あり

・こんな人におすすめ
 「NBAの独占LIVEなど、見たい動画が決まっている人」

Rakuten TV(旧:楽天SHOWTIME)

まとめ

動画配信サービスには、サービス会社によって一長一短があります。
おすすめは、「Netflix」「Hulu」「Amazonプライムビデオ」「FOD」の4つです。
どのサービスにしようか迷ったら、まずはお試しからはじめてみるといいですよ。
お試しは、無料ですから使わないと損です。

作品数をとるか? 料金をとるか?
定額制動画配信サービスを紹介してきましたが、作品数や料金で大きな違いがあることが分かりますね。
参考までに「作品数」と「料金」の2点でランキング順に並べてみます。

見放題の作品数ベスト3
1位:12万以上『dTV』
2位:5万以上『U-NEXT』
3位:4万以上『Hulu』『Rakuten TV』

月額料金の安さベスト3
1位:400円『Amazonプライム・ビデオ』
2位:432円『dアニメストア』
3位:540円『dTV』

ぜひ動画配信サービスを選ぶときの参考にしてみてください。